カーペットcarpet,ラッグrugとも呼ばれるが,これらは広く敷物に使われる織物一般をさし,じゅうたんはとくにパイルpile(添毛)組織による敷物をいう(輪奈(わな)織)。絨緞とも書く。
19世紀以降先進諸国では機械製が主流となったが,それ以前,および現在でも,西アジア,中央アジア,中国などでは膨大な時間を要する手結びのじゅうたんが織り続けられてきた。

地の平組織を作る経糸(たていと)とよこ糸(緯糸(ぬきいと))のほかに,経糸に一目一目色糸(パイル糸)を結びその先を切ってけば状に立毛し,文様を織り出すもので,糸の材料,結び方,織機,文様など,産地ごとに特色が見られる。

毛氈(もうせん)や,毛織物・布による敷物の総称。絨緞とも。一般に一反巻をカーペット,一枚ものをラッグあるいは緞通(だんつう)という。古くから西アジアや中央アジアでは手織りのじゅうたんが作られてきた。 床に色の美しい絨毯(じゆうたん)を敷いて室内の気分を魅力的にすることは,アラビア人の遊牧生活からはじまったのではないかと思われる。じゅうたん工芸を発達させ,その使用を日常生活の必需品としたのはイスラム教徒であった。有名なものにペルシアじゅうたんとトルコじゅうたんがある。

よくトルコじゅうたんの説明で強調されるのが、「トルコじゅうたんはダブルノットだからシングルノットで編まれているペルシャじゅうたんよりも丈夫」という話。ダブルノットというのは、結び目が2本の縦糸にまたがって結ばれているもので、それがトルコじゅうたんの編み方の特徴だと言われています。一方、ペルシャじゅうたんではこれが片方にだけ結び目があるシングルノット。シングルノットの方が細かい模様を織ることが可能ですが、何十年たってもしっかりした結び目で丈夫なのはダブルノット。とりわけ何世代にもわたって受け継がれてきたアンティークじゅうたんについては、しっかり編み込まれたトルコじゅうたんの方が保存状態もよいのだとか。

素材としては、綿、ウール、シルクなどがある。一番高いのはもちろんシルクなので、最高級品は100%シルクがほとんど。だが、羊を連れた遊牧民などが多用していたのは、冬でも暖かいウール。そしてシワスやカイセリ産のじゅうたんには、下地のたて糸が綿で表面がウール、というパターンがよく見られる。

メッカの方向を示すことができるミフラープタイプは、上下が決まっているのでカーペットクリーニングにだして手入れをしている。
デザインの種類は、中央に大きなメインのモチーフを置くメダリオンタイプ、小さなお祈り用サイズのじゅうたんでモスクのミフラープや生命の木の模様があるミフラープタイプ、小花模様などが何度も繰り返されながら中央部のフィールドをまんべんなく埋め尽くすヘラティタイプなどがあります。ただしこれらは古典的なデザインであり、最近のじゅうたんには有名絵画や観光地、人の顔などモダンなデザインのものもどんどん生産されている。

企業のお客様も給湯器の設置・工事・修理全てお任せ下さい。まずは内容をお気軽にお電話でご相談ください。ガス給湯器の対応No.1ショップ!各メーカー正規販売店だから新品で安心・格安でご提供!給湯器の取り付け・交換・修理は当社でスピード解決。最短その日にお伺いいたします!お急ぎのお客様にはお電話で詳細をお伺いし、最短で当日にお伺い設置・工事・修理いたします!交換・修理も衝撃のお値段でお受けいたします。ガス給湯器をおさがしならこちら