これらのじゅうたんはどのような来歴を持つのでしょうか。
デカン地方はペルシアと結びつきが深く、16世紀後半には、ペルシアからデカンに移住した職人がペルシア様式でじゅうたんを織っていることが記録に残っています。また17世紀後半には、イギリス東インド会社がインド南部東海岸のコロマンデル・コーストからじゅうたんを輸出したことが記録されています(それらのじゅうたんは近隣のじゅうたん生産地で貿易用に織られたものと考えられます)。イギリスやオランダの東インド会社は、17-18世紀にコロマンデル・コーストに商館をおき、デカン産綿布を大量に輸出しました。そうした状況において、デカン産じゅうたんも輸出されたのです。

調査をもとに私がデカン産としたじゅうたんの中には、これまで北インド、特にラホール産と考えられてきたじゅうたんが多く含まれます。しかし、デカンに特徴的な織の組織やデザイン、モチーフが見られること、そして上述のような貿易状況を考えると、これらをデカン産と考えるのが妥当だと思われます。
京都に残っているインドじゅうたんは、以下の点で重要な研究対象です。
第一に、現存するデカン産貿易用じゅうたんのコレクションとしては世界有数のものです。第二に、祇園祭の懸装品の購入文書からじゅうたんの制作年代の下限がわかります。じゅうたんに制作年が織り込まれることは稀ですので、京都にあるインドじゅうたんは、イスラーム美術史の重要な研究分野であるじゅうたん史の編年に貴重な手がかりを与えてくれます。
第三に、京都にあるインドじゅうたんがどのように日本にもたらされ、国内を流通し、使われてきたのかを調べることで、アジアにおけるイスラーム美術品の受容の一例を提示することができます。江戸時代の日本では、自由な貿易は許されていませんでした。そうした時代背景の中、オランダ東インド会社は、日本で人気のあるじゅうたんのタイプを把握し、需要に合ったものを持ってきている様子も明らかになってきました。

このように京都に残るインドじゅうたんは、デカン地方のじゅうたん生産の実態だけでなく、17-18世紀のデカンにおけるイスラーム美術の様子や、東インド会社などによるデカン産じゅうたんの国際流通の様子、そして日本における受容を知る手がかりを与えてくれる貴重なコレクションであるといえます。

京都にあるじゅうたんを手がかりに以上のように研究を進めることで、デカンで貿易用に作られたじゅうたんがどのようにして世界各地に運ばれ、各社会で受容されていったのかの一例が浮かび上がってきました。イスラーム美術史は、まだまだわかっていないことが多い分野です。ですから、調査・研究を重ねることで、これまでの定説を覆し、新しい貢献ができる余地がたくさんあるところに醍醐味を感じます。

現在、ここで紹介した研究に加えて、まだ十分な研究がなされていない中国、台湾や東南アジアにおけるイスラーム美術の研究を始めています。研究を通じて明らかになったことを国際的に発信してイスラーム美術史研究の発展に寄与すると同時に、イスラーム美術のおもしろさを日本の方々にも伝えていきたいと思っています。